湖風の家 現場日記

湖風の家 現場日記

軸組の補強金物取付けと筋交い、外部工事。木工事は屋根から外壁、室内の順で施工していく。上棟後は軸組に所定の強度を持たせる金物取付けと耐力壁を構成する筋交い、屋根周囲から固めていく。現場全景1階 仮筋交い2階筋交いの取付け◆工事スケジュール8月 3日(土) ...

木工事は上棟。柱・梁などの軸を組み、棟木を上げ、床下地・屋根下地まで施工する。朝方はあいにくの天気午後には晴れ上がり、無事上棟できた柱・梁の軸組と平行して、補強金物も取り付けて行く柱に緊結するのがホールダウン用のアンカーボルト面内剛性を高める火打梁垂木と ...

昨日先行足場が組まれ、今日から木工事の開始。出来上がった基礎に、土台を乗せて軸を組んで行く。現場全景搬入されたプレカット材を所定の位置に据えて行く。工事風景基礎天端上の黒いのが土台パッキン土台を乗せる時、天端の不陸を吸収する梁せいの確認仕口はプレカットで ...

立ち上がり部の配筋、型枠組み立て、コンクリート打設。アンカーボルトの確認。立ち上がり型枠基礎全景現場全景型枠施工中型枠とアンカーボルトアンカーボルトは基礎と土台を緊結する金物直下型地震の引き抜き圧力に対抗する径・長さ・箇所数などを図面で指定する立ち上がり ...

基礎ベースのコンクリート打設。@150で組まれた鉄筋の上下に、生コンクリートを打ち込んで行く。配筋及びホールダウン金物など、打設前に確認済み。打設風景震動を与えながら隙間なく打設して行く電気屋設備の配管はあらかじめ、埋設されている打設終了天端をコテできれいに ...

ベース配筋の確認。長期優良住宅物件で、鉄筋径・間隔など通常の基礎より密になる。ベース配筋ベース配筋 全景コーナー定着寸法基礎立ち上がり D10@200FS1    D13@150FS2    D10@150スペーサー高さ @60人通口 補強筋 ...

基礎工事の開始。先に始まった擁壁工事で地業務を行い、今日は墨出しの確認。墨出しは基礎の位置を敷地に書き出す、重要な工程。図面と照らし合わせて確認。均しコンクリート上に墨出し防湿シート地面からの湿度を防止 ...

↑このページのトップヘ